GPS端末を使った尾行調査

1.密かに取り付ける
GPS端末は、車の使用者の気づかないような場所に取り付けておいて、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、現在地を確認したりデータログを後から読み出し調べたりします。

車より、公共交通機関などを利用する人には、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあります。これで相手がどこをどう移動して、そこにどのくらいいたのかもわかります。着ている服を見て浮気の事実を突き止めることができます。人が浮気をすると、著しいのは今までとは変わった服装です。おしゃれをする事にはそれまで関心がなかったのに、突如おしゃれに関心を持つようになったら慎重に見ておく必要があるでしょう。これから先浮気をしようとしていたり、浮気している人がいるはずです。探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、調査する人の数にもよりますが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。当然ですが、調査員の数が少なければ安く、多いほど高くなります。また、尾行する際に車やバイクで移動すると、別途交通費、車両費として請求されることがありますので、要確認です。
浮気調査神戸

2.浮気の証拠
浮気の証拠は携帯からも掴めます。理由は携帯が浮気相手に連絡する手段として使われるのが当然だからです。最近ではメールや、LINEなどのアプリを通じて連絡をする機会も増えましたが、やはり、相手の声をききたくなるのは当然のことでしょう。ですから電話をする可能性も十分考えられます。浮気という証拠はカーナビでつかめるでしょう。カーナビから履歴を確かめ、浮気相手と車でデートし立ところを見つけられることがあります。履歴があまり見たことない場所であった場合気を付けなければいけません。それに加えて、よくガソリンが入れられていた場合、車によりデートしている場合があります。よく着る服装が変化してきたら、危ない予兆です。浮気のパートナーの好きな服装にしていたり、ちょっとだとしてもセンスの良いところを見せようとしたりしている可能性も高いです。突然に本人よりも若い年代の人のカラー・デザインの服装をセレクトし出したら、非常に危険です。その時、お洒落な下着を着用しだしたら、浮気をしていることがありえます。

3.探偵の成功報酬は難しい計算
成功報酬の難しいところは、仮に、浮気調査について依頼した場合には、調査期間が3日間あっ立としてその3日間の調査期間の間に浮気をしていなければ調査は成功となってしまうのです。実際に浮気があっ立としても、その3日間だけは浮気していなかっ立という状態であったら、結局は浮気の明確な証拠をつかむことなく、調査についてはそこで完了し、成功報酬を請求されるのです。探偵の浮気調査を例に挙げても失敗したりするようです。探偵が浮気調査の専門家だとしても、失敗しない保証がごく稀にあります。調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、尾行に気づくこともあるでしょう。それに、浮気調査実施中に不倫相手と接触しない場合には尻尾を掴みようがないです。