浮気調査に関する証拠集めについて

不倫が発覚した際、離婚するか、結婚生活を続けるか、
少なくとも心が揺れると思うのですが、
今回は「慰謝料を多く貰って離婚する」ことについてご紹介します。

まず、不倫に関する相談は、明確な答えを出してくれる弁護士に相談しましょう。

噂話になってしまって嫌な思いをするのをさけるためです。

また、夫婦間の不貞に対する慰謝料の相場は200万円前後です。
しかし、場合によっては50万円、または200万円以上に跳ね上がることもありえます。

そもそも、不倫発覚の前から、夫婦間が冷め切っていたり、
仮面夫婦と化していたら、慰謝料が少なることもあるので、注意が必要です。

慰謝料は、「結婚歴」や「依頼者がどれだけ精神的な苦痛を感じたか」や
「不貞の回数、期間」によって変わってきます。

また、不倫を否定されたら元も子もないので、
「相手にバレないうちに証拠をあつめる」ことが大切になります。

その手段の一つとして、探偵に調査を依頼するのもアリです。

法律上、配偶者が異性と普通のデートをするだけでは不倫といえなく、
「故意に肉体関係になる」ことをいうので、その証拠集めは、
労力も使ううえ、苦痛を伴いますよね。

探偵に依頼したら、浮気相手の特定から、裁判で依頼者が
有利になってくれる決定的な証拠集めまで、もれなくやってくれますよ。

広島,探偵