探偵業務管理者検定の受験費用

探偵業務管理者検定の受験費用は、どのくらいかというと、願書の請求費用が10,500円で、受験費用は105,000円になります。かなり費用は高くなりますが、合格時の認定証の発行費用も含まれています。探偵業務管理者の有効期間は3年間なので、合格後3年経過するまでに、指定する講習を受けないといけません。探偵業務管理者検定というのは、探偵業の届け出を行った業者の営業活動が、探偵業法や法令諸規則に則って適正に遂行されているかどうかを監査することを目的とするために設立されたものです。適切な内部管理を行うために設けられたものなので、合格するには、法令に対する知識と深い理解が必要になります。探偵業務管理者検定を受験するには、関連する各種の法令諸規則に関する正しい知識が必要であり、深い理解が求められます。加盟員の内部管理体制強化と教育指導、そして適切な営業活動を行うよう管理するもので、事業者もしくは管理職向けの資格になります。試験に際しては、探偵業の届出証明書と印鑑、身分証明書、契約書、重要事項説明書など一式が必要になります。